私かしら?

スポンサーサイト

GPSログ 軌跡







目的は何か判っちゃいますね。







■データ

使用GPSロガー:RGM-3800

衛生写真:Google Earth

軌跡描画ソフト:自作

測定条件:カメラバッグのポットにて

ログ間隔:2秒

スーパースター

最前列




Canon EOS 7D と TAMRON AF18-270mm F/3.5-6.3 Model B003 のAF特性

 ディズニーシーエントランスの整列グリでミッキー撮影時にピンボケが生じた為、その原因を現地で探り、サルアミで確認する。

1.機材
1.カメラ Canon EOS 7D
2.レンズ TAMRON AF18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC LD Aspherical [IF] MACRO Model B003

2.撮影条件
1.2010/09/02
2.天候:晴れ
3.Tv 1/400
4.Av 5.0
5.ISO AUTO
6.マニュアル
7.焦点距離 18mm~20mm付近
8.手持ち撮影
9.詳細はexif参照

3.発端の写真
1.
2.
2.部分拡大 ピクセル等倍

4.テスト
4.1 テスト環境
1.
2.ベンチに座って撮影
3.詳細は各写真のexift参照
4.2 再現
1.被写体の合焦点ポイント
1.
1.ピクセル等倍
4.3 原因追求
(1)ライブビュー
1.ライブビューにて X10 で焦点合わせ
2.
2.ピクセル等倍
(2)0.49mからの鏡筒移動
1.マニュアルフォーカスにて0.49m(最近点)にセット
2.撮影
2.
2.ピクセル等倍
3.直後、ワンショットAFにて撮影
4.
4.ピクセル等倍
(3)無限遠点からの鏡筒移動
1.ワンショットAFにて撮影
2.焦点改善効果なし
(4)被写体近辺からの鏡筒移動
1.ワンショットAFにて撮影
2.焦点改善効果なし
(5)ファインダーでの焦点合わせ
1.撮影者の腕程度に合う。
(6)F8での撮影
1.効果なし
(7)270mmでの撮影
1.上記の現象は出ない。
2.ただし、条件が異なる為比較にはならないと思われる。
5.結論
1.私の保有する機器固有の特性の可能性がある。
2.重要な場面では一旦、フォーカスリングを最近点(0.43M)に設定しておいてからAF撮影をすると良好な結果が得られる。その後サルアミでの撮影はこの方法で正しく焦点が合った。
3.ただし、合焦点後被写体の移動により、再度AFを行なった場合については不明。

お知らせ
■注意:Google Chrome以外のブラウザでは動作しない事もあります。
お好みに応じて
画像だけの表示でいいよ
やっぱり全部表示して
背景は黒がいいな
背景を元に戻して
サブジャンル
メモリアルマップ
My Favorite Photo
検索フォーム
プロフィール

otsu.usiwakamaru

Author:otsu.usiwakamaru
五条の橋でひらりひらりと欄干を飛び渡る牛若丸のように、興の向くまま電子回路にプログラミングに写真にと飛び回っています。

プロフィール詳細

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
キーワード
クリックしたキーワードの記事のみ表示します。

ダンサー ミニー ミッキー デイジー ドナルド グーフィー  キャラクター 3D 試み MFP 電池 ティンカーベル デザイン クラリス 全天球 パークテーマ チップデール プルート IXY キャスト マレフィセント スクルージ ダッフィー スモールプラネット SPOT 改造 

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめプログ(新着記事)
リンク


にほんブログ村
カテゴリ
橋 (1)
PIC (1)
カウンタ
訪問者数(UU)

アクセス数

現在の閲覧者数

tael no013用