Canon PowerShot S2 ISでRAW撮影

Canon PowerShot S2 ISでRAW撮影
Canon PowerShot S2 IS 0.8秒 F2.7 ISO50 6mm<36mm> (RAW)

PowerShot S2 ISでRAW撮影が出来ました。
そんな事出来るとは知らなかったのですが、ひょんな事から知りました。
どうも天体写真を撮られる方達の間ではよく知られているようです。

カメラのファームウェアを一時的に書き換えて機能拡張をする、CHDKというソフトです。
ダウンロードはこちら
http://mighty-hoernsche.de/

このファームで撮ったRAWの現像はDPPでは出来なくて、私の場合はAdobe Photoshop CS4でしました。
この為にはRAWのフォーマット変換ソフトが必用です。ダウンロードはこちら
DNG4PS-2 0.2.2

S2ISのシャッタ速度は最長15秒ですが、CHDKを利用すると64秒まで可能です。
その場合、センサのノイズや暗電流(暗電荷)の影響が激しくなります。
その為にダーク減算で相殺するのですが、これもファームで自動的に行なえます。


上記の写真はRAW+ダーク減算で撮ったものです。
比較の為に試みたのにノーマルで撮るのをすっかり忘れました。脳のファームウェアもVUP出来ればいいのですが。

写真は「刈谷 ハイウェイオアシス」です。


IXY DIGITAL Lにも対応されていれば一番いいのですが、残念ながら未対応でした。

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

MP610経年変化とプロファイル

前回の「MG6230購入とプロファイル」で比較したMP610の印刷結果は適用したプロファイルが作成後8ヶ月経過していたので、今回MP610用のプロファイルを作成し直しました。

MP610に使用しているELECOMの補充インクは変っていません。使用した用紙もFUJIFILM G3A4100Aで同じです。


比較


■注意:印刷結果はスキャナーで取込んでいますので、実際の印刷結果を適正な環境光下で見た場合と異なる事に注意してください。あくまで参考程度にしてください。


画像をクリックすると8ヶ月前のプロファイル適用時の印刷結果と新規プロファイル適用時の印刷結果が切り替わります。(Google Chromeのみ確認済み)(切り替わらない場合はここをクリックすると二枚目の画像を表示します)
MG6230購入とプロファイル



画像をクリックすると8ヶ月前のプロファイル適用時の印刷結果と原画ファイルが切り替わります。(Google Chromeのみ確認済み)(切り替わらない場合はここをクリックすると二枚目の画像を表示します)
MG6230購入とプロファイル



画像をクリックすると新規プロファイル適用時の印刷結果と原画ファイルが切り替わります。(Google Chromeのみ確認済み)(切り替わらない場合はここをクリックすると二枚目の画像を表示します)
MG6230購入とプロファイル



画像をクリックすると新規プロファイル適用時の印刷結果とMG6230のCanon純正インクでプロファイル適用の印刷結果が切り替わります。(Google Chromeのみ確認済み)(切り替わらない場合はここをクリックすると二枚目の画像を表示します)
MG6230購入とプロファイル



画像をクリックするとMG6230のCanon純正インクでプロファイル適用の印刷結果と原画ファイルが切り替わります。(Google Chromeのみ確認済み)(切り替わらない場合はここをクリックすると二枚目の画像を表示します)
MG6230購入とプロファイル


テスト環境


■インク
MP610 : ELECOMの詰め替えインク
MG6230 : 同梱されていた純正インクです。

■用紙
FUJIFILM G3A4100A。

■印刷結果のファイル化
MG6230のスキャナで拡張の画像設定は全てOFF。
グレー紙によるグレーバランスを一回行ない、その設定ですべての印刷結果を読込む。


感想


プリンタはインクの環境などが変らなくても比較的短時間で印刷結果が変る様です。
今回は8ヶ月で相当変った事になります。4ヶ月位でプロファイルの再作成が必用な様です。
この結果から、工場出荷時、平均的特性が元になっているドライバーでの補正やメーカ提供のプロファイルは大いなる期待をしない方が良さそうです。




■関連記事
MG6230とELECOM詰め替えインクのプロファイル
MG6230購入とプロファイル
MP610用プロファイル(009)
プリンタプロファイル(icm)(MP610 & Spyder3)

テーマ : ディズニー・ギャラリー
ジャンル : 写真

MG6230購入とプロファイル

Canon PIXUS MG6230 を買いました。
後継機種のMG6330発表4日前に。

残念がってるかって?...いや、わざとです。発表されそうなので慌てて買ったのです。
理由は、
1.価格も底値だろうし
2.新機種はインクが変っていると思われる。そうなるとリセッタのある詰め替えインクがない。
3.後ろトレイが無くなるとの噂。
4.色域もおそらく変らないだろうと思われる。
5.今使用しているMP610は11月で5年になる。(5年間一つのカートリッジでELECOMの詰め替えインクで運用)

インクの攻防


買ってみて初めてBCI-326のインクカートリッジを見たのですが、思わず笑ってしまいました。
Canonも正攻法でなく搦め手からも防御しているのだな~と。
そう、カートリッジが透明でなく黒の不透明なカートリッジになっていました。
インクの詰め替え作業はしにくくなります。

そこで考えたのが途中補充は諦めて、空になった時と満タン時の重さの差を記録して重量目安で補充量を決めようかと考えていたのですが。

同時買ったエレコムの詰め替えインクが届き、開けてまた笑ってしまいました。
定量注入出来るようになっていました。

純正インクでのプロファイル(icm)


純正インクを使うのは同梱インクの時だけなので、純正インクでのプリンタプロファイルを作ってみました。
ドライバー補正とプロファイル使用時の差を比較する意味で。
そして、今後全インクが詰め替えインクとなった時のプロファイル使用時との結果比較もしてみたいので。


datacolorのSpyderPRINT(V4.2.3)でプロファイルを作成しました。
A4用紙2枚の一番パッチ数の少ないものでの作成です。
過去に用紙7枚を使用する方法も試しましたが結果は殆ど変らなかったので。


比較



画像をクリックすると原画とプロファイル適用の印刷結果が切り替わります。(Google Chromeのみ確認済み)(切り替わらない場合はここをクリックすると二枚目の画像を表示します)
MG6230購入とプロファイル
印刷結果はMG6230のスキャナーで取込んでいます。

画像をクリックすると原画とプリンタドライバ補正の印刷結果が切り替わります。(Google Chromeのみ確認済み)(切り替わらない場合はここをクリックすると二枚目の画像を表示します)
MG6230購入とプロファイル
印刷結果はMG6230のスキャナーで取込んでいます。

画像をクリックするとプロファイル適用とプリンタドライバ補正の印刷結果が切り替わります。(Google Chromeのみ確認済み)(切り替わらない場合はここをクリックすると二枚目の画像を表示します)
MG6230購入とプロファイル
印刷結果はMG6230のスキャナーで取込んでいます。

画像をクリックすると原画とMP610でプロファイルを適用した場合の印刷結果が切り替わります。(Google Chromeのみ確認済み)(切り替わらない場合はここをクリックすると二枚目の画像を表示します)
MG6230購入とプロファイル
MP610のインクはELECOMの詰め替えインクです。
MP610のプロファイルは作成してから8ヶ月経過しています。プリンタやインクの状態が変っている可能性があります。

画像をクリックするとMG6230とMP610の印刷結果が切り替わります。(Google Chromeのみ確認済み)(切り替わらない場合はここをクリックすると二枚目の画像を表示します)
MG6230購入とプロファイル


感想



■明るさ、彩度
今まで使用してきたCanonのプリンタは概ね明るめに印刷される様です。
コントラストや彩度も低目に見えます。
発光するディスプレィと反射の紙との特性の違いや限界などがあり、細部が潰れない様な設定なのかもしれません。

■色域と再現性
MP610もMG6230もカラーは3色で黒一色(写真の場合)、MG6230はそれにグレーがプラスされています。
MP610のプロファイルを作成した時に、グレー域に色が付くのでグレーインクがある機種を狙っていました。
今回のMG6230はグレー域は改善されていると感じます。

緑、赤の暗い部分の再現能力はMP610もMG6230も問題があります。

実物の印画ではネクタイの蛍光色のような緑はMG6230のプロファイル適用の印画が一番いい結果となっています。

実物印画での肌色に関しては、一見プリンタドライバーでの印刷が自然な肌色の様に思いましたが、
色の再現性ではMG6230のプロファイル適用の印画が一番いい結果となっています。


テスト環境


■インク
MG6230に同梱されていた純正インクです。

■用紙
FUJIFILM G3A4100A。
用紙も色々試しましたがコストパーフォーマンスでこの用紙を使用しています。
コストを無視してベストを求めるなら別の用紙が良いと思います。

■印刷結果と環境光
印刷結果は見ている場所の環境光によって全く色が違って見えます。
直射日光、窓から入る青空光、昼光色の蛍光灯、白色の蛍光灯、メーカ違いの蛍光灯で色が全く違って見えます。
本来、太陽光または高演色の蛍光灯で見るのが良いのでしょうが太陽光はディスプレィと場所の違いで比較が出来ません。高演色蛍光灯は持っていません。
したがって、非常に評価しづらい物があります。そう言う意味でスキャナーでの比較もよい所があると思っています。
スキャナーのプロファイルを作成する環境がないので、自動補正などはOFFとしストレートにスキャンしていますが結構再現性があります。

詰め替えインク


詰め替えインクに変ったら、さてどうなるのか楽しみです。


■関連記事
MG6230とELECOM詰め替えインクのプロファイル
MP610経年変化とプロファイル
MP610用プロファイル(009)
プリンタプロファイル(icm)(MP610 & Spyder3)

テーマ : ディズニー・ギャラリー
ジャンル : 写真

story of Cinderella

story of Cinderella



初めての試みという事で種種お許しを。



テーマ : ディズニー・ギャラリー
ジャンル : 写真

お知らせ
■注意:Google Chrome以外のブラウザでは動作しない事もあります。
お好みに応じて
画像だけの表示でいいよ
やっぱり全部表示して
背景は黒がいいな
背景を元に戻して
サブジャンル
メモリアルマップ
My Favorite Photo
検索フォーム
プロフィール

otsu.usiwakamaru

Author:otsu.usiwakamaru
五条の橋でひらりひらりと欄干を飛び渡る牛若丸のように、興の向くまま電子回路にプログラミングに写真にと飛び回っています。

プロフィール詳細

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
キーワード
クリックしたキーワードの記事のみ表示します。

電池 試み IXY デザイン  改造 3D ミッキー 

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめプログ(新着記事)
リンク


にほんブログ村
カテゴリ
ART (1)
橋 (0)
PIC (2)
カウンタ
訪問者数(UU)

アクセス数

現在の閲覧者数

tael no013用