MG6230とELECOM詰め替えインクのプロファイル

Canon PIXUS MG6230 購入後、純正インクの顔料黒以外が全てエレコムの詰め替えインクに置き換わりました。

そこで、Spyder3Studio SRでプロファイルを作成し直し、純正インクとの比較を行ないました。

お断り


私が所有しているプリンタ個別の状況であり、かつ一回切りの測定で手順に誤りがある可能性もあります。

プリント結果の比較は本来、太陽光下や高演色性の照明環境での評価すべきなのでしょうがその様な環境でのテストはブログでのレポートには向きません。
今回はMG6230のスキャナーで印刷結果を比較しています。
スキャナーの色校正はしていません。各種補正は全てOFFでグレー紙スキャンによるグレー補正のみです。

このテストで解像度の判定はしないでください。

したがって、このレポートで製品の善し悪しを判断しないでください。
まして、感想の部分は誤った知識で誤った結論を出しているかもしれませんのでご注意ください。

結果


テストに使用した原画ファイル(originalと表記)とMG6230購入時に附属していたCanonの純正インク、ELECOMの詰め替えインクの場合の印刷結果の比較です。

各インクの状態でicmプロファイルをSpyder3Studio SRで作成し、そのicmを適用して印刷しています。
したがって、Canon純正インクの印刷は購入時の物で数ヶ月経過しています。

比較は、各印刷結果を重ねて一度にscanしたものに原画を追加したものです。
一度にscanした理由は同じ条件で二つの印刷結果を比較する為です。

■以下は上部の比較です

暗いグリーンが不得意と思われます。背景のグリーンに特に注目してください。
MP610の時はさらに不得意でした。MG6230は相当改善されています。

MG6230とELECOM詰め替えインクのプロファイル

■以下はダンサーさんの顔と衣装の部分です

顔の色、ネクタイの色、赤系の衣装、帽子部分の青など色合いと階調に着目してください。

MG6230とELECOM詰め替えインクのプロファイル


■色立体

プリンタが再現出来る色立体です。(解釈に誤りがあるかもしれません)

以下はMG6230 + ELECOM + Spyder3Studio SRでのicmでの色の再現範囲です。
MG6230とELECOM詰め替えインクのプロファイル

以下はELECOMインクの場合とCanon純正インクの場合の差を現わしてします。
グレーの部分がCanon純正インクの再現範囲で、ELECOMの再現範囲より広い事を意味しています。
MG6230とELECOM詰め替えインクのプロファイル

以下はカメラ(Canon EOS 7D)で撮ったJpegファイルの再現範囲とELECOMインクでの印刷の差を現わしています。
グレーの部分がJpegファイルの再現範囲で、ELECOMの再現範囲より遥かに広い事を意味しています。
MG6230とELECOM詰め替えインクのプロファイル


感想


色立体からも解るように印刷結果は真っ黒の再現が出来ない。
特に、濃い緑の再現性は苦手のようです。
これはMP610も同様の傾向にあります。

純正インクの方が詰め替えインクより僅かに色の再現範囲が広い。

ELECOMインクの結果は印刷後一時間程度でscanしているので色が安定していない可能性がある。
Canonインクの方は、数ヶ月経過しているので比較条件が公平とは言えない。

そして、プリンタは原画のjpegファイルの持っている色の空間より遥かに少ない範囲の色で印刷している。


本来プロファイルを通せば違うインクでも同じ色合いになるのではと思ったのですが、
考えでみれば3色各8bitでの色数は約1千6百万色あるのに対して、プロファイルを作成する見本の色数は
数百程度であり、広大な空間のほんの一部しか測定せずに残りは推測により補正値を作り出していると思われます。

それやこれやで、純正インクにしろ詰め替えインクにしろ今のプリンタの値段でこれだけ印刷できれば良いではないかと思います。
印刷された実物を肉眼で見れば、純正も詰め替えもあまり変わりません。
ただ、プロファイルの効果は相当あると思いますが、価格がね。


と言うことで致命的な問題がない限り詰め替えライフで行きます。
ところで、よく互換インクだとヘッドが詰まると聞きますが、私の場合は詰め替えインクで3台目ですが
インクが原因で詰まった事は一度もありまりせん。MP610が5年で、その前は2~3年でした。
詰まった事はあるのですが、インクタンクが空になり、さらに印刷を続けた結果、空打ちになった場合でした。
この場合でもヘッドを外し、水道水で直接ヘッドを洗って回復しました。ただし、3回目はダメでしたが。


関連記事


MG6230購入とプロファイル
MP610経年変化とプロファイル
MP610用プロファイル(009)
プリンタプロファイル(icm)(MP610 & Spyder3)
スポンサーサイト

テーマ : ディズニー・ギャラリー
ジャンル : 写真

Canon EF 80-200mm 1:4.5-5.6 + Canon PowerShot SX260 HS

Canon EF 80-200mm 1:4.5-5.6 + Canon PowerShot SX260 HS
Canon EF 80-200mm 1:4.5-5.6 + Canon PowerShot SX260 HS 1/100秒 F6.8 ISO100 -0.3EV 90mm


SX260をテレ端にしてその前にEF 80-200mmのレンズを200mmの状態で当てがって五円玉を撮ったものです。
照明はこのLEDライトです。

手持ちなのでピントの状態は怪しいです。
この写真に限らずCanon PowerShot SX260 HSはレンズフレアが多いのではないかと思われます。
逆光気味、夜景などで高輝度の存在する被写体は不得意なようです。

photoshopでの複数枚重畳方式によるノイズ削減

6Dに手が届かないので何とかノイズ低減の方法はないかと考え、最近カメラに搭載されている「手持ち夜景」機能をphotoshopでやってみました。

7DとSX260で試しましたが、今回はSX260での結果です。


■考え方は、
同じ被写体を同じ条件で複数枚撮影し、
各画像をphotoshopのレイヤーとして取込み、
各レイヤー毎の不透明度を適切に調整し、各々の画像の貢献度が同じとなる様にします。

この事によって、全ての画像に含まれている被写体の情報は薄れる事なく残り、
各画像毎にランダムに発生するノイズは枚数分の1(1/n)に薄れる。
同じピクセルに重なると効果は薄れますが。この為何枚が適切かはやってみないと判らない。

■今回のテストの方法は
Canon PowerShot SX260 HSで、
ISO100、Pモード、内蔵ストロボ発光、連写で4枚撮影。
これをphotoshopにレイヤーとして取込み4枚のレイヤーを作ります。

各レイヤーの画像がピッタリ重なるように位置を調整。

一番下のレイヤー0は不透明度100%、下から二枚目のレイヤー1の不透明度は50%、3枚目は33%、4枚目は25%とします。
すなわち、レイヤnの不透明度は100/(n+1)%とします。

被写体は何年も前にA4に印刷した写真(ブレボケあり)で、これを室内で撮影したものです。


結果


画像はノイズの状態を見易くする為にピクセル等倍画像をさらに縦横共に3倍に拡大しています。


photoshopでの複数枚重畳方式によるノイズ削減
1/60秒 F4.5 ISO100 17mm ストロボ発光
通常の1枚撮影の画像です。



photoshopでの複数枚重畳方式によるノイズ削減
今回の結果、4枚の画像を重畳したものです。



photoshopでの複数枚重畳方式によるノイズ削減
各レイヤーの不透明度の計算はエクセルでしました。


下の画像をクリックすると通常(1枚)撮影分と4枚を重畳した画像が切り替わります。
photoshopでの複数枚重畳方式によるノイズ削減





感想


結構ノイズは低減します。
ピクセル等倍で見れば解像感が少し低下します。しかし、ほんの僅かです。

今回テストしたSX260のノイズ傾向はISOに対して割とフラットに近い感じがします。
今までのPowerShotでは最低感度でのノイズは殆ど気にならなかったのに、SX260は多目です。
その代り、高感度でのノイズの増え方はゆっくりと増していく感じです。
ただし、ISO800までとISO1600,3200での映像エンジンでの処理は異っている様で1600以上は処理に時間が掛ります。
その為、「ハイスピード連写HQ」はISO800まではカタログ通り約10枚/秒ですが、ISO1600以上は半分程度までに落ちます。

この方法は、静止する被写体のみに有効で人間相手には向いていないと思われます。
静止する被写体であれば、7Dでは低速で撮ればいいのですが、SX260はそれでもノイズが乗るのでこの重畳方式が活きるのではと思っています。



おまけ



CHDKによるRAW(ISO3200)での場合(クリックすると画像が切り替わります)
photoshopでの複数枚重畳方式によるノイズ削減

CHDKによるRAW(ISO3200)で重畳方式適用+さらにレタッチでがんばった場合(クリックすると画像が切り替わります)
photoshopでの複数枚重畳方式によるノイズ削減


JPEGによるISO3200での場合(クリックすると画像が切り替わります)
photoshopでの複数枚重畳方式によるノイズ削減


元ネタがRAWの場合とJPEGの場合の比較(ISO3200)(クリックすると画像が切り替わります)
photoshopでの複数枚重畳方式によるノイズ削減

テーマ : ディズニー・ギャラリー
ジャンル : 写真

Android エミュレーターでのエラー

Android エミュレーターでのエラー

Android エミュレーターでのエラー



年末よりAndroidアプリの開発環境をインストールしたのですが、Android エミュレーター起動時にエラーが発生していました。

「問題が発生したため、emulator-arm.exe を終了します。」です。
エラーのcodeは0xc0000005 でアクセス違反です。
環境はWindows XP SP3

試しに同じWindows XP SP3のノートPCでテストすると正常に起動しました。

色々やってみましたが、アクセス違反をヒントに現在のマルチモニタ(3台)を1台に設定し直すと正常に動作しました。
因みに3台構成時のプライマリーモニタの識別番号は3です。ひょっとするとこれが1なら正常に動作するかもしれません。

同じ悩みの方の参考になれば幸いです。



※と書いた後で、
では識別番号1のモニタをプライマリーにすれば動くのではとの疑念のもと、やってみると正常に動作しました。
いろいろ不便なのですが当面これでガマンです。


お知らせ
■注意:Google Chrome以外のブラウザでは動作しない事もあります。
お好みに応じて
画像だけの表示でいいよ
やっぱり全部表示して
背景は黒がいいな
背景を元に戻して
サブジャンル
メモリアルマップ
My Favorite Photo
検索フォーム
プロフィール

otsu.usiwakamaru

Author:otsu.usiwakamaru
五条の橋でひらりひらりと欄干を飛び渡る牛若丸のように、興の向くまま電子回路にプログラミングに写真にと飛び回っています。

プロフィール詳細

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
キーワード
クリックしたキーワードの記事のみ表示します。

電池 試み IXY デザイン  改造 3D ミッキー 

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめプログ(新着記事)
リンク


にほんブログ村
カテゴリ
ART (1)
橋 (0)
PIC (2)
カウンタ
訪問者数(UU)

アクセス数

現在の閲覧者数

tael no013用