FC2ブログ

nissin Auto 3200 AF iGBT Control(ストロボ)のスレーブ化 その2(信号)

■前回の記事
nissin Auto 3200 AF iGBT Control(ストロボ)のスレーブ化 その1(購入)


信号線を探る


「カメラのアクセサリーシュー」 → 「カメラメーカー毎の制御部分」 → 「本機」となるので、
その接続部分(下記写真)をまずは分解してみる。
nissin Auto 3200 AF iGBT Control(ストロボ)のスレーブ化 その2(信号)


分解した所
nissin Auto 3200 AF iGBT Control(ストロボ)のスレーブ化 その2(信号)


信号線部分の拡大
nissin Auto 3200 AF iGBT Control(ストロボ)のスレーブ化 その2(信号)


■電源
10V 100uFの電解コンデンサが入っているので、この部分が電源と思われる。
テスタで測定すると約5Vで、本体の電源に連動している。

黒線とシールド線を一緒にハンダしてある端子が信号及び電源のGND。
青線端子が電源+5V端子。本体から供給されている。

■ストロボトリガー信号(発光開始)
TTLに対応していないカメラでも当然動作するはずで且つ単純なインターフェースと思われるので、
GND端子を基準に、残りの端子の電圧を測ってみる。

上写真、右下の薄いピンク線が+10V。黄色、赤色の線は共に電圧なし。

カメラのストロボ接点はメーク接点の為、ストロボ側は通常電圧が掛かっている。
したがってピンク線がトリガー信号端子と見込む。
そこで、1Kの抵抗を介してGNDに接続すると発光した。
トリガー信号端子と判定。

■発光停止
TTLオートストロボの詳しい制御方法は知らないのでネットで調べるも見つける事が出来なかった。
仕方なく推察する。(この推察は誤っていて、偶然にもそれなりの結果をもたらしたのかもしれない)

1.トリガー端子のメーク幅で発光時間を制御すると、大昔の接点タイプのカメラではチャッターによる複数回発光(マルチ発光)になる可能性がある。この為、おそらくエッジ信号と思われる。
2.当時のEOS 650やEOS 1000QDのアクセサリーシューも今と同様に複数の接点で構成されるいる。
3.TTL非対応のシューでは増設した端子はGNDと短絡する可能性がある。その為、もし発光停止信号を設けるとすると正論理の可能性が高い。
4.発光停止信号はエッジかレベルか判らない。その場合、一定のレベル幅を保障するのが無難。

上記の考察から、トリガー信号(負論理)発行後、一定時間で停止信号(正論理)の信号発生するテスト回路を作り、残る黄色と赤色の線に1Kの抵抗を介して停止信号として与えてみた。
停止信号は黄色と判明。

■もう一つの信号(赤色の線)
不明。今回は使用しなくても目的は達せられると思う。


今回はここまで、次回は上記の考えに基づいて回路を作ります。
スポンサーサイト



テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

お知らせ
■注意:Google Chrome以外のブラウザでは動作しない事もあります。
お好みに応じて
画像だけの表示でいいよ
やっぱり全部表示して
背景は黒がいいな
背景を元に戻して
サブジャンル
メモリアルマップ
My Favorite Photo
検索フォーム
プロフィール

otsu.usiwakamaru

Author:otsu.usiwakamaru
五条の橋でひらりひらりと欄干を飛び渡る牛若丸のように、興の向くまま電子回路にプログラミングに写真にと飛び回っています。

プロフィール詳細

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
キーワード
クリックしたキーワードの記事のみ表示します。

ダンサー ミニー ミッキー デイジー ドナルド グーフィー キャラクター  3D 試み MFP 電池 ティンカーベル デザイン 全天球 クラリス パークテーマ プルート チップデール キャスト IXY マレフィセント スクルージ スモールプラネット ダッフィー SPOT 改造 

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめプログ(新着記事)
リンク


にほんブログ村
カテゴリ
橋 (1)
PIC (3)
カウンタ
訪問者数(UU)

アクセス数

現在の閲覧者数

tael no013用