お店と看板(ワールドバザール)

お店と看板(ワールドバザール)
Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM 1/40秒 F8 ISO160 40mm

手前の看板から
ハウス・オブ・グリーティング
ディズニーギャラリー
ディズキー&カンパニー

シルエットスタジオの看板はありません。


撮影場所
スポンサーサイト

テーマ : ディズニー・ギャラリー
ジャンル : 写真

9時15分と9時31分(クイーン・オブ・ハートのバンケットホール)

9時15分
9時15分と9時31分(クイーン・オブ・ハートのバンケットホール)


9時31分
9時15分と9時31分(クイーン・オブ・ハートのバンケットホール)

テーマ : ディズニー・ギャラリー
ジャンル : 写真

次は、ベイサイド・ステーション(東京ディズニーランド・ステーション)

次は、ベイサイド・ステーション(東京ディズニーランド・ステーション)
Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM 1/60秒 F8 ISO100 40mm


撮影場所

テーマ : ディズニー・ギャラリー
ジャンル : 写真

バブル

バブル

チラッと(東京ディズニーランド・ステーション)

チラッと(東京ディズニーランド・ステーション)
Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM 1/500秒 F8 ISO100 40mm

ボン・ヴォヤージュの赤い屋根が見えます。
舞浜駅から来たとき「いよいよパーク」って心理的効果の演出かな?

撮影場所

テーマ : ディズニー・ギャラリー
ジャンル : 写真

赤いテント(東京ディズニーランド・ステーション)

赤いテント(東京ディズニーランド・ステーション)
Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM 1/400秒 F8 ISO100 40mm


赤いテントの列がエスカレーター。その内側から撮った写真はこちら。

正面に見える黄色の建物は、「東京ベイ舞浜ホテル」。
左横のレンガ色の建物は、「東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート」。(以前の名称は「東京ベイホテル東急」)
右横の白い建物は、「サンルートプラザ東京」。


撮影場所

テーマ : ディズニー・ギャラリー
ジャンル : 写真

プルート、お前もか(グランドエンポーリアム)

プルート、お前もか(グランドエンポーリアム)
Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM 1/40秒 F8 ISO100 40mm




撮影場所

テーマ : ディズニー・ギャラリー
ジャンル : 写真

カモン!カモン・ベイビー(グランドエンポーリアム)

カモン!カモン・ベイビー(グランドエンポーリアム)
Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM 1/50秒 F8 ISO100 40mm



撮影場所

テーマ : ディズニー・ギャラリー
ジャンル : 写真

プロメテウス火山とGPS(リゾートライナー車内より)

プロメテウス火山(リゾートライナー車内より)
Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM 1/320秒 F8 ISO100 40mm


ディズニーで撮った写真は撮影した場所を撮影場所として、google mapsで表示出来るよう記事の後部に載せていまが、
実は、6DのGPSは相当ズレています。
上空を遮るものがなく、一定時間そこに留まっていると割と正確ですが、今回の様に車内だとズレます。
今回も、大分ズレていました。
でも、車内の割にはよくセンスしています。

毎回、画像から位置を修正しているのですが、今回のは少し難しいケースでした。
位置特定に役立ったものは、
1. レンガ色のアーチ状のある建物(車両保守の関連施設)
2.その横の水色の部分(ミラコスタの宴会場の上部)
3.さらにその横の開口部のあるベージュ色の建物(車両保守のメインの建物)
4.駐車場とそのラインの角度
5.そして、これらの位置関係を特定する為の最大の目標の山(我らがプロメテウス火山)
でした。

記事を書く度に、googlemapsでパークを上空から眺めて、バーチャルインしています。
今回(2015/08/23本記事作成)、気が付いたのですが、ついにgoogleは地上の人影も消し去ってしまいましたね。
消した痕跡があります。
だけど、人影があるほうが楽しかったな。パレード待ちの様子や、フリーグリの様子もわかりましたから。

写真って、帰ってからも、こうして楽しめるのがいいですね。


6DのGPSが示した撮影場所
撮影場所

テーマ : ディズニー・ギャラリー
ジャンル : 写真

FASTPASS ENTRANCE(STAR TOURS)

FASTPASS ENTRANCE(STAR TOURS)
Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM 1/200秒 F8 ISO100 40mm (画像クリックで原寸大サイズ)
※画像は歪みの修正を行っています。ピクセル単位の評価には向きません。


もう、近未来ものは流行らないのかな?
リニューアルしたものの、混雑は一時的なものでした。


撮影場所

テーマ : ディズニー・ギャラリー
ジャンル : 写真

東京ディズニーランドステーションよりEF40mm F2.8 STMテスト(東京ディズニーランドホテル)

EF40mm F2.8 STMのAFフィールドテストです。

このEF40mm F2.8 STMは購入時点でAF不良の為、修理に出して戻って来たものです。


東京ディズニーランドステーションよりEF40mm F2.8 STMテスト(東京ディズニーランドホテル)Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM 1/400秒 F8 ISO100 40mm (画像クリックで1920x1280サイズ)


原寸大はこちらです


撮影場所

テーマ : ディズニー・ギャラリー
ジャンル : 写真

Android Studioのインストールと動作テスト

Android Studio 1.3.2のインストールと動作確認をしてみました。

Android Studioのインストールと動作テスト

概要


■テスト環境...Hyper-Vの仮想マシン上のWindows10 Pro 64bitにインストール
■JDK7のインストール...jdk-7u79-windows-x64.exe
■Android Studioのインストール...SDKは全パッケージを取り込む
■New Projiect作成確認...Hello world!で確認
■実機へのインストール...「googleドライブ」経由
■実機での動作確認...T-01Dで確認

テスト環境


Windows10 Pro 64bit上で動作しているHyper-Vの仮想マシンとして「Windows10 Pro 64bit」をインストール。

Android Studioのインストールと動作テスト

仮想環境にしたのは、現用のシステムへの影響を少なくする為と、動作条件(環境)の曖昧性を出来るだけ排除する為です。
Windowsインストール直後に追加で入れたのはGoogle Chromeのみです。

JDK7のインストール



JDK7のダウンロードはこちらからしました。
Android Studioのインストールと動作テスト

ダウンロードしたファイルは jdk-7u79-windows-x64.exe です。
Android Studioのインストールと動作テスト

ダウンロードした jdk-7u79-windows-x64.exe をダブルクリックしてインストール。
Android Studioのインストールと動作テスト

Android Studioのインストール



Android Studioのダウンロードはこちらからしました
Android Studioのインストールと動作テスト

ダウンロードした下記exeファイルをダブルクリックしてインストール。
Android Studioのインストールと動作テスト

インストール開始
Android Studioのインストールと動作テスト

インストール完了
Android Studioのインストールと動作テスト

Android Studioの起動と設定



この時点では、インストールは完全には終わっていません。
Android Studio起動後のデザイン選択とSDKの取り込みがあります。

Android Studioを起動する。
Android Studioのインストールと動作テスト

旧バージョンのインポート等の指定
Android Studioのインストールと動作テスト
新規のインストールなので上記のように。

ファイアウォールでブロックされた場合は、許可する。
Android Studioのインストールと動作テスト

デザインの選択
Android Studioのインストールと動作テスト
選択して「Next」をクリックする。

コンポーネントのダウンロード終了。
Android Studioのインストールと動作テスト
「Finish」クリック

Quick Start画面が表示される。
Android Studioのインストールと動作テスト


Android SDK インストール



「Quick Start」の「Configure」 をクリックする。
Android Studioのインストールと動作テスト

「SDK Manager」をクリックする。
Android Studioのインストールと動作テスト

画面下部の「Select New」をクリックし未インストール分をすべてインストールするようにして、「Install xx package...」をクリックする。
Android Studioのインストールと動作テスト
インストール完了で終了。


New Projiect作成確認



Android Studioを起動する。
牛若丸  Android Studioのインストールと動作テスト

「Start a new Android Studio project」をクリックする。
Android Studioのインストールと動作テスト

Application nameとCompany Domainを編集し、「Nexe」をクリックする。
Android Studioのインストールと動作テスト

ターゲットデバイスと動作する最低バージョンを指定する。(指定以下のバージョンのデバイスにはインストールできない)
Android Studioのインストールと動作テスト
今回は「T-01D」でテストするので、4.0.3とした。

画面の形式を選択する。
Android Studioのインストールと動作テスト
形式を選択し、「Next」をクリックする。

名称等、カスタマイズ。
Android Studioのインストールと動作テスト
「Finish」をクリックする。

こんなのが出たりします。
Android Studioのインストールと動作テスト

こんなのも出たりします。
Android Studioのインストールと動作テスト
許可します。

更に、これも出ます。
Android Studioのインストールと動作テスト
「Close」で閉じます。

やっとこさ、これが出てきますが、暫く待ちます。
Android Studioのインストールと動作テスト
固まった? と思っても待ちます。

完了しました。
Android Studioのインストールと動作テスト


実機での動作確認(PC側)



今回は、Hyper-Vの仮想マシン上で動作していますので、USB接続でインストール出来ません。(やり方を知らないだけかもしれません)
実機(T-01D)へのインストールは「googleドライブ」経由で行います。


C:\Users\xxx\AndroidStudioProjects\Test001\app\build\outputs\apk フォルダの app-debug.apk を「googleドライブ」にアップロードします。
Android Studioのインストールと動作テスト


実機での動作確認(Android側)



googleドライブでアップロードした apk ファイルをタップします。
Android Studioのインストールと動作テスト

「アプリケーション選択画面」で「パッケージインストーラ」をタップします。
Android Studioのインストールと動作テスト

インストール完了
Android Studioのインストールと動作テスト


「ダウンロードアプリ」に表示されている事を確認する。
Android Studioのインストールと動作テスト


アプリをタップして起動する事を確認する。
Android Studioのインストールと動作テスト

完了。

Canon PowerShot SX260 HS見直し(2012-11シンデレラ城)

「Canon PowerShot S2 IS見直し(2010ディズニー・イースターワンダーランドのミッキー)」の続きで、Canon PowerShot SX260 HSも見直ししました。

こちらは、CHDKでRAW撮影を可能とした時に撮ったDNG画像が原画です。photshopのCamera Rawで現像しています。

Canon PowerShot SX260 HS見直し(2012-11シンデレラ城)Canon PowerShot SX260 HS 1/709秒 F4 ISO100 8mm(44mm) (画像クリックで1920x1440サイズ)

これなら使えそうに思えますが、このSX260は酷い画像とましな画像の時があり、安定していない感じです。
その条件まで調べていませんが。

CHDKで撮ると、
画像保存に時間がかかる
SDカードはmax2G
準備と操作が面倒
といろいろ制限が多い。

テーマ : ディズニー・ギャラリー
ジャンル : 写真

Canon PowerShot S2 IS見直し(2010ディズニー・イースターワンダーランドのミッキー)

最近、PowerShot SX410 ISが気になります。
センサーがCCDであること。
光学40倍で24mm~960mmであること。
軽い、安い。
だがマイナス要因として、
画素数が2050万画素(総画素)である事が不安要因です。
そして、小さくないこともマイナス要因です。


それなら、今もっているCanon PowerShot S2 ISでいいのでは?
昔撮った写真を再確認してみました。

photoshopでレタッチしたもの
Canon PowerShot S2 IS見直し(2010ディズニー・イースターワンダーランドのミッキー)Canon PowerShot S2 IS 1/800秒 F5.6 ISOオート ±0EV WBオート 31.2mm<187mm> (画像クリックで1920x1440サイズ)


カメラ様が生み出した原画
Canon PowerShot S2 IS見直し(2010ディズニー・イースターワンダーランドのミッキー)Canon PowerShot S2 IS 1/800秒 F5.6 ISOオート ±0EV WBオート 31.2mm<187mm> (画像クリックで1920x1440サイズ)


photoshopの様子
Canon PowerShot S2 IS見直し(2010ディズニー・イースターワンダーランドのミッキー)


photoshop


レイヤー「全体adj NRx1」で、明るさ等、色温度、ノイズを調整
レイヤー「NRx2」でさらにノイズを削減。もちろん、細部情報は失われます。
レイヤー「ハイライト調整」で曇り空の為に中途半端な空の明るさをハイライトを上げて、飛ばす。
レイヤー「シャープ」グループで失われた解像感を補う。エッジは「全体adj NRx1」から「0.7」と「0.4」の二種類のエッジ情報で補完。

感想


■露出制御
S2ISの露出制御は6Dの露出制御より古いためか、逆光の自動補正がよろしくない。
PowerShot SX410 ISは6Dなみの露出制御が出来ているのか?
ちなみに、7Dより6Dの方が進化していると思われる。とすると低価格機なので古い技術で作られている可能性があるので、PowerShot SX410 ISは十分怪しい。

ショーパレでは都度、露出補正は出来ないし低速機の為AEBも出来ない。

■ノイズ
露出補正不足が原因で、ミッキー部分が暗く、SN比が小さい。
その為、ノイズ補正をすると細部が失われる。冷風用のパイプの蛇腹部分は潰れてしまっている。

静物ならAEBや複数枚数の重畳方式で改善されるかもしれない。

■総合的に
CCDは裏面CMOSより好きなので、PowerShot SX410 ISも期待しているが、なにせ、画素数が多い。
やはり、このクラスのユーザー層はいまだに「高画素数=高画質」のイメージがあり、メーカーも高画素化する傾向にあるのかもしれません。
ME20F-SHのようなカメラを出して欲しい。
一番の希望は、レンズ交換のように、センサー交換の出来るカメラを出して欲しい。

PowerShot SX410 ISも購入するときっとがっかりする気がしてきました。
それよりも、秋月で出している超低価格の「小型スペクトラムアナライザ RF Explorer-3G Combo (キャリングケース付)」の方が役に立つかもしれない。

PowerShot SX410 IS案はほぼ没。

テーマ : ディズニー・ギャラリー
ジャンル : 写真

東京ディズニーランド・ステーションよりEF40mm F2.8 STMテスト(メインエントランス・インフォメーション &チケットブース)

東京ディズニーランド・ステーションよりEF40mm F2.8 STMテスト(メインエントランス・インフォメーション &チケットブース)
Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM 1/200秒 F8 ISO100 40mm (画像クリックで1920x1080サイズ) オリジナルサイズの画像はこちら

明るさ等は編集してありますが、シャープネスはphotshopのCamera Rawのシャープネス(デフォルト)のみです。
どの画像にもjpeg圧縮時のモスキートノイズがありますが、原画にはありません。


シンデレラ城の塔先端のポールは、ベイヤー配列の6Dではどんなに優秀な解像度のレンズをもってしても、3ピクセルになってしまいます。
シグマのFoveonなら2ピクセルか1ピクセル。
使ってはみたいが、高すぎるし解像度以外の性能が不明だし、旧タイプが二万円台になれば使ってみたい。


このEF40mm F2.8 STMには疑いをもっているので、これでピントが合っているのか疑心暗鬼です。

撮影場所

テーマ : ディズニー・ギャラリー
ジャンル : 写真

新柄だそうです(キングダム・トレジャー)

新柄だそうです(キングダム・トレジャー)
Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM 1/40秒 F8 ISO4000 40mm


イラストもプリント技術もどれをとってもすごかった。

撮影場所

テーマ : ディズニー・ギャラリー
ジャンル : 写真

ぐるぐるぐる~と見渡せば(キングダム・トレジャー)

ぐるぐるぐる~と見渡せば(キングダム・トレジャー)
RICOH THETA m15 1/2500秒 F2.1 ISO100 0.8mm(6mm) (画像クリックで1920x1080サイズ)

横は360度を越えて700度位あります。
木が二本写っていますが、一本の木で、カメラの真後ろに立っています。



RICOH THETA m15で全天球の画像を撮りました。
下の画像の「Click to play」をクリックして頂くとご覧になれます。
表示されると自動的にスクロールされますが、画像をクリックすると停止します。
画像を、ドラッグすると色々な角度で見る事ができます。
(-)(+)をクリックすると縮小、拡大します。
こちらでもご覧になれます。リコーのサイトです。


ぐるぐるぐる~と見渡せば(キングダム・トレジャー) - Spherical Image - RICOH THETA



撮影場所

テーマ : ディズニー・ギャラリー
ジャンル : 写真

やっぱり、そうかも(オリエンタルランド アニュアル・レポート2014)

以前の記事で、「震災前の数年がいちばん良かった気がする。ディズニーか自分のせいなのかは、それは判らない。」と書きました。
たまたま、下記の資料を見ていたら、やっぱり自分のせいではないと思ってしまいました。

やっぱり、そうかも(オリエンタルランド アニュアル・レポート2014)
出典 株式会社オリエンタルランド アニュアル・レポート2014 -- ActiBook 「東京ディズニーリゾートの成長の軌跡」

だって、入場者数はそれ程増えていないのに、利益が上がるという事は、入りを多くして出を少なくする。
値上げとコスト削減。
値上げはわかりやすい。
削減の影響はショーパレの内容と品質に表れているのでは。

体験価値が上がって料金が上がるなら納得しますが、体験価値が下がっているにもかかわらず「上がっている」と称しての値上げは納得いきません。

今回、上の表をみて「やっぱりそうか」と納得。
商品を提供する側とお金を提供する側、取引ですから「いやなら止めとけ」ですよね。
私の場合は、まだ渋々取引に応じている訳ですが、その限界点は何処当たりでしょう。自分ながら楽しみです。

テーマ : ディズニー・ギャラリー
ジャンル : 写真

客と作者とその作品(ガラスの靴)

客と作者とその作品(ガラスの靴)
RICOH THETA m15 1/45秒 F2.1 ISO100 0.8mm(6mm)



撮影場所

テーマ : ディズニー・ギャラリー
ジャンル : 写真

お知らせ
■注意:Google Chrome以外のブラウザでは動作しない事もあります。
お好みに応じて
画像だけの表示でいいよ
やっぱり全部表示して
背景は黒がいいな
背景を元に戻して
サブジャンル
メモリアルマップ
My Favorite Photo
検索フォーム
プロフィール

otsu.usiwakamaru

Author:otsu.usiwakamaru
五条の橋でひらりひらりと欄干を飛び渡る牛若丸のように、興の向くまま電子回路にプログラミングに写真にと飛び回っています。

プロフィール詳細

カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
キーワード
クリックしたキーワードの記事のみ表示します。

ダンサー ミニー ミッキー デイジー ドナルド グーフィー  キャラクター 3D 試み MFP 電池 ティンカーベル デザイン クラリス 全天球 パークテーマ チップデール プルート IXY キャスト マレフィセント スクルージ ダッフィー スモールプラネット SPOT 改造 

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめプログ(新着記事)
リンク


にほんブログ村
カテゴリ
橋 (1)
PIC (1)
カウンタ
訪問者数(UU)

アクセス数

現在の閲覧者数

tael no013用