交換した300円充電器のリチュームイオン電池の再利用先

300円充電器のリチュームイオン充電池の交換」で宙に浮いていたリチュームイオン充電池の嫁ぎ先が決まりました。

こちら、Canon IXY Digital Lの電池となりました。

交換した300円充電器のリチュームイオン電池の再利用先

このCanon IXY Digital Lは気に入っているのですが、電池が本体の要求には少々貧弱なため使いづらいので以前から外部電池化したりしていました。

もちろん、大きく重くなるのでLの長所が損なわれますが、まだなんとか常時携帯可能な範囲にあります。



改造時のお話


この電池をホルダにセットしている時にショートし、リード端子が赤熱して大慌てで外しました。

電池の外周は負極につながっています。正極の端子との間は1mm程度の絶縁材があり、少々の力が加わっても変形しショートする事はないと思われます。

が、流用したリチュームイオン充電池は元々の300円充電器内でハンダ付けで回路と接続されていました。
その為に、電池に金属片をスポット溶接し、それにリード線をハンダ付けしています。
そのスポット溶接した金属片は非常に薄く、ある意味鋭利(※1)な状態です。
それを付けたまま試しに電池ホルダに入れた所、力が加わり外装のフィルム(緑色)を破りショートしました。
リチュームイオン充電池は怖いですね。金属片は赤熱し電池は熱くなってきました。慌てて素手で取り外しました。
危うく火傷する所でした。油断は禁物です。

その金属片は引き千切りました。

※1 鋭利と書きましたが、元々、製段階で+極のハンダ付けをした時に、コテを押し付けて電池の被覆を焼いている模様です。発火事故ってこうして起こるのかもしりません。
電池そのものや、回路設計が悪いと思っていましたが、製造要因もあるなと、改めて認識しました。


スポンサーサイト

花と健康とケンコーミラー500mm 2

花と健康とケンコーミラー500mm 2
Canon EOS 6D ケンコーミラー500mm F6.3 DX 1/1000秒 ISO8000

私の持っているケンコーミラー500mm F6.3 DXは相当古いためにミラーやレンズが曇っているのか? 元々そうなのか?
霞が被っています。

下記の赤枠の様に黒レベルがシフトしています。
その分を常に補正しています。
花と健康とケンコーミラー500mm 2


お知らせ
■注意:Google Chrome以外のブラウザでは動作しない事もあります。
お好みに応じて
画像だけの表示でいいよ
やっぱり全部表示して
背景は黒がいいな
背景を元に戻して
サブジャンル
メモリアルマップ
My Favorite Photo
検索フォーム
プロフィール

otsu.usiwakamaru

Author:otsu.usiwakamaru
五条の橋でひらりひらりと欄干を飛び渡る牛若丸のように、興の向くまま電子回路にプログラミングに写真にと飛び回っています。

プロフィール詳細

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
キーワード
クリックしたキーワードの記事のみ表示します。

電池 試み IXY デザイン  改造 3D ミッキー 

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめプログ(新着記事)
リンク


にほんブログ村
カテゴリ
ART (1)
橋 (0)
PIC (2)
カウンタ
訪問者数(UU)

アクセス数

現在の閲覧者数

tael no013用