青い踊り子

青い踊り子
(画像クリックで1920x2880サイズ)

壁紙用はこちら

スポンサーサイト

昼下がり少し寂しい時間帯

昼下がり少し寂しい時間帯
(画像クリックで1920x1080サイズ)


室内スケッチ+塗

室内スケッチ+塗
(画像クリックで1920x1280サイズ)



室内スケッチ

室内スケッチ
(画像クリックで1920x1280サイズ)


氷結の時代(photoshop練習)

氷結の時代(photoshop練習)


インクジェットプリンタのインクを万年筆で使うと

最近のマイブームは万年筆。

Canonのインクジェットプリンタ用の7eのインクが余っているので、これで好きな色の万年筆インクを作りたくなりました。

インクジェットプリンタのインクを万年筆で使うと

■上側
(1)プラチナのプレピー
(2) マゼンタをベースにシアンを少し混合したもの
(3)使用済みのプレピー・インクカートリッジを洗って、作成したインクを詰め直し

■下側
(1)ダイソーの100円万年筆
(2)イエローをベースにシアンを少し混合したもの
(3)カートリッジは使用せずに、軸に直接インクを満たしたもの(軸の穴は塞ぐ)


結果


下の写真、四段中
(1)上二段はインクジェット用の光沢紙に書いたもの
 1. 上側はプレピー(マゼンタ+シアン)
 2. 下側はダイソー(イエロー+シアン)
(2)下二段はダイソーのメモ用紙に書いたもの
 1. 上側はプレピー(マゼンタ+シアン)
 2. 下側はダイソー(イエロー+シアン)

インクジェットプリンタのインクを万年筆で使うと

■最大の問題点
普通紙に書くとインクの滲みが大きく、止の部分でペン速度が落ちると写真の3,4段のようにインクが滲む

■色
目的の色を得るためにphotoshopのカラーピッカーでCMYKの値を指定して色を確認し、割合を決めましたが、
この割合は、インクの割合とは違います。
ベースの色、例えばイエローをベースにするのであれば、イエローを1/4位いれ、シアンは少しづつ入れながら色を確認するのが良いと思います。
ただし、これでも薄い色は出ないので、さらに水で薄めたりします。ダイソーの(イエロー+シアン)は水で倍位に薄めています。



感想


ダイソーの万年筆は軸に穴が開いているので塞がなければなりません。プレピーは穴が開いていないので、そのまま使えます。
ダイソーよりプレピーの方が書き味もよいので、値段的に倍ほどしてもプレピーの方が良いと思います。

滲み対策は、メーカの純正のインク、例えばイエローのカートリッジにインクジェット7eのシアンを少し加えるなどすると良いかもしれません。

改めて、万年筆メーカのインク、インクジェットのインクはそれぞれの目的に応じて適切に作られているのでな、と感心しました。
滲み防止ってどうするのだろう。

送信アンテナの長さ調整と効果

無線を使ったシステムではアンテナが性能を左右しますが、今までアンテナを弄ってみても数値的な効果の把握は出来ませんでした。

以前、秋月で買った「小型スペクトラムアナライザ RF Explorer」をふと思い出し、
これでアンテナの長さと受信レベルの関係を実験してみました。

テスト環境


送信機 : HiLetgo 315Mhz 無線受信モジュール 警報発射器 超再生モジュール Arduinoと互換 [並行輸入品] の送信モジュール
送信機アンテナ : グランドプレーンアンテナ(送信モジュール回路から直出し)
受信機 : 小型スペクトラムアナライザ RF Explorer

■送信モジュール
送信アンテナの長さ調整と効果


■アンテナの位置
送信アンテナの長さ調整と効果
赤い線がアンテナの位置を示す


■テスト方法
1. 30cmのアンテナを上記写真のように、送信モジュール(315Mhz)に直接はんだ付けし
2. アンテナ長と受信レベルを記録
3. アンテナを1cm程度短くする
上記を繰り返す。


■結果
送信アンテナの長さ調整と効果
赤い線は315Mhzの1/4波長の長さ 23.8cm の位置

1. 確かによく言われているように、アンテナ長の短縮率は0.9辺りが良さそう
2. しかし、短くすとる急激に受信レベルは下り、長い方はだらだら傾向

この事から、1/4波長の長さのまま使うのが無難な感じ。


小型スペクトラムアナライザ RF Explorer windowsアプリの画像


測定時の画面はこんな画面です。

送信アンテナの長さ調整と効果(画像クリックで1920x1080サイズ)


送信アンテナの長さ調整と効果(画像クリックで1920x1080サイズ)



感想


今回は送信側のアンテナテストでしたが、受信側も傾向は同じではないかと想像しています。

実際の機器では、モジュールからアンテナ端子までケーブルで接続する事になるので、個体毎に調整する事になると思います。
なので、今後はモジュールをアンテナ端子に極力近づける事を実装時の注意事項にしたいと思います。







お知らせ
■注意:Google Chrome以外のブラウザでは動作しない事もあります。
お好みに応じて
画像だけの表示でいいよ
やっぱり全部表示して
背景は黒がいいな
背景を元に戻して
サブジャンル
メモリアルマップ
My Favorite Photo
検索フォーム
プロフィール

otsu.usiwakamaru

Author:otsu.usiwakamaru
五条の橋でひらりひらりと欄干を飛び渡る牛若丸のように、興の向くまま電子回路にプログラミングに写真にと飛び回っています。

プロフィール詳細

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
キーワード
クリックしたキーワードの記事のみ表示します。

電池 試み IXY デザイン  改造 3D ミッキー 

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめプログ(新着記事)
リンク


にほんブログ村
カテゴリ
ART (1)
橋 (0)
PIC (2)
カウンタ
訪問者数(UU)

アクセス数

現在の閲覧者数

tael no013用