FC2ブログ

PIC 16F18313 クロック週数と消費電流(備忘録)

PIC 16F18313 のクロック周波数と消費電流のメモです。


OSCFRQ = 0x0; //OSCFRQ: HFINTOSC FREQUENCY SELECTION HFFRQ<3:0> 0000:1MHz(NOSC = 110) 247.8uA
OSCFRQ = 0x1; //OSCFRQ: HFINTOSC FREQUENCY SELECTION HFFRQ<3:0> 0001:2MHz(NOSC = 110) 356.7uA
OSCFRQ = 0x3; //OSCFRQ: HFINTOSC FREQUENCY SELECTION HFFRQ<3:0> 0011:4MHz(NOSC = 110) 572.1uA
OSCFRQ = 0x4; //OSCFRQ: HFINTOSC FREQUENCY SELECTION HFFRQ<3:0> 0100:8MHz(NOSC = 110) 966.1uA
OSCFRQ = 0x5; //OSCFRQ: HFINTOSC FREQUENCY SELECTION HFFRQ<3:0> 0101:12MHz(NOSC = 110) 1.3mA
OSCFRQ = 0x6; //OSCFRQ: HFINTOSC FREQUENCY SELECTION HFFRQ<3:0> 0110:16MHz(NOSC = 110) 1.6mA
OSCFRQ = 0x7; //OSCFRQ: HFINTOSC FREQUENCY SELECTION HFFRQ<3:0> 0111:32MHz(NOSC = 110) 3.2mA
OSCFRQ = 0x8; //OSCFRQ: HFINTOSC FREQUENCY SELECTION HFFRQ<3:0> 1xxx:32MHz(NOSC = 110) 3.2mA
SLEEP(); //SLEEP: 25.68uA



測定用ソース


/* 
 * File:   main.c
 * Author: test
 *
 * Created on 2017/12/15
 */

/*
 * Config 設定上の注意
 * ICD3によるデバッグを行う場合、WDTは無効にする必要がある。
 * ICD3によるデバッグを行う場合、LVPは無効にする必要がある。
 */

// PIC16F18313 Configuration Bit Settings
// 'C' source line config statements
// CONFIG1
#pragma config FEXTOSC = ECH    // FEXTOSC External Oscillator mode Selection bits ()
#pragma config RSTOSC = HFINT32 // Power-up default value for COSC bits (HFINTOSC with 2x PLL (32MHz))
#pragma config CLKOUTEN = ON    // Clock Out Enable bit (CLKOUT function is enabled; FOSC/4 clock appears at OSC2)
#pragma config CSWEN = ON       // Clock Switch Enable bit (Writing to NOSC and NDIV is allowed)
#pragma config FCMEN = ON       // Fail-Safe Clock Monitor Enable (Fail-Safe Clock Monitor is enabled)

// CONFIG2
#pragma config MCLRE = ON       // Master Clear Enable bit (MCLR/VPP pin function is MCLR; Weak pull-up enabled )
#pragma config PWRTE = OFF      // Power-up Timer Enable bit (PWRT disabled)
#pragma config WDTE = OFF       // Watchdog Timer Enable bits (WDT disabled; SWDTEN is ignored)
#pragma config LPBOREN = OFF    // Low-power BOR enable bit (ULPBOR disabled)
#pragma config BOREN = ON       // Brown-out Reset Enable bits (Brown-out Reset enabled, SBOREN bit ignored)
#pragma config BORV = LOW       // Brown-out Reset Voltage selection bit (Brown-out voltage (Vbor) set to 2.45V)
#pragma config PPS1WAY = ON     // PPSLOCK bit One-Way Set Enable bit (The PPSLOCK bit can be cleared and set only once; PPS registers remain locked after one clear/set cycle)
#pragma config STVREN = ON      // Stack Overflow/Underflow Reset Enable bit (Stack Overflow or Underflow will cause a Reset)
#pragma config DEBUG = OFF      // Debugger enable bit (Background debugger disabled)

// CONFIG3
#pragma config WRT = OFF        // User NVM self-write protection bits (Write protection off)
#pragma config LVP = OFF        // Low Voltage Programming Enable bit (HV on MCLR/VPP must be used for programming.)

// CONFIG4
#pragma config CP = OFF         // User NVM Program Memory Code Protection bit (User NVM code protection disabled)
#pragma config CPD = OFF        // Data NVM Memory Code Protection bit (Data NVM code protection disabled)

// #pragma config statements should precede project file includes.
// Use project enums instead of #define for ON and OFF.

#include <xc.h>

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

#define _XTAL_FREQ 1000000

/*
 * 
 */

int delay(int t,int f){
    int n = t*10*f;
    for (int i=0;i<n;i++){
        __delay_ms(100);
    }
}

int main(int argc, char** argv) {
    OSCCON1 = 0x60; //OSCILLATOR CONTROL REGISTER  NOSC:110 HFINTOSC(1 MHz)

    while (1){
    OSCFRQ = 0x0;   //OSCFRQ: HFINTOSC FREQUENCY SELECTION  HFFRQ<3:0> 0000:1MHz(NOSC = 110) 247.8uA
    delay(10,1);
    OSCFRQ = 0x1;   //OSCFRQ: HFINTOSC FREQUENCY SELECTION  HFFRQ<3:0> 0001:2MHz(NOSC = 110) 356.7uA
    delay(10,2);
    OSCFRQ = 0x3;   //OSCFRQ: HFINTOSC FREQUENCY SELECTION  HFFRQ<3:0> 0011:4MHz(NOSC = 110) 572.1uA
    delay(10,4);
    OSCFRQ = 0x4;   //OSCFRQ: HFINTOSC FREQUENCY SELECTION  HFFRQ<3:0> 0100:8MHz(NOSC = 110) 966.1uA
    delay(10,8);
    OSCFRQ = 0x5;   //OSCFRQ: HFINTOSC FREQUENCY SELECTION  HFFRQ<3:0> 0101:12MHz(NOSC = 110) 1.3mA
    delay(10,12);
    OSCFRQ = 0x6;   //OSCFRQ: HFINTOSC FREQUENCY SELECTION  HFFRQ<3:0> 0110:16MHz(NOSC = 110) 1.6mA
    delay(10,16);
    OSCFRQ = 0x7;   //OSCFRQ: HFINTOSC FREQUENCY SELECTION  HFFRQ<3:0> 0111:32MHz(NOSC = 110) 3.2mA
    delay(10,32);
    OSCFRQ = 0x8;   //OSCFRQ: HFINTOSC FREQUENCY SELECTION  HFFRQ<3:0> 1xxx:32MHz(NOSC = 110) 3.2mA
    delay(5,32);
    SLEEP();        //SLEEP: 25.68uA
    }
    
    return (EXIT_SUCCESS);
}
スポンサーサイト



超ローテク動体検知(監視カメラ)

ドップラー動体検知を作ってみようと思って半分は出来ていましたが、面倒でやる気が起きないで、それこそ嫌になっていた時に、
小型低価格の監視カメラのモニターが思いの外きれいに映る事が分かりました。

それを見ていて、「モニター上の動体を検知したい所に光センサーを貼り付ければ簡単なのでは」と思い浮かび、やって見たのがこれです。

超ローテク動体検知(監視カメラ)

お見苦しいのはご勘弁ください。
モニターの液晶に保護用のプラ板(カセットテープのケース)を貼り、その上にCDSをセロテープで貼ってあります。
本番用は再剥離可能な接着剤かグルーガンで貼り付ける予定です。



回路図はこちら、これも大変お見苦しくこれもご勘弁ください。

超ローテク動体検知(監視カメラ)


モニター上に貼り付け見にくくなる場合は、センサー専用にもう一つモニターを設けそれを密閉するのもいいかと思います。
なにしろ、今らな1265円+送料無料なので。


感想


結構、実用的です。
OPアンプなので、初段を加算回路にして複数箇所センスするようにしたものを本番用に作ろうと思っています。

「オートメーションリレー,SODIAL(R)オートメーションDC 12V LEDディスプレイ デジタルディレイタイマー コントロールスイッチ リレーモジュール」動作メモ

アマゾンで買った、「オートメーションリレー,SODIAL(R)オートメーションDC 12V LEDディスプレイ デジタルディレイタイマー コントロールスイッチ リレーモジュール」の動作メモ。

「オートメーションリレー,SODIAL(R)オートメーションDC 12V LEDディスプレイ デジタルディレイタイマー コントロールスイッチ リレーモジュール」動作メモ(画像クリックで1920x1080サイズ)


ここで使用している「名称」は私が勝手に命名したものです。
記述内容についても間違いは多数存在しているかもしれません。責任は取れません。


機能概要


12Vのパルス入力をトリガとして予め設定されたシーケンスに基づき、一回路二接点リレーのON/OFFをする。

ハードウェア


■制御回路端子(3ピン ターミナルブロック)
電源 DC 12V 
input トリガ height(12V)でトリガとなる。

■リレー接点端子(3ピン ターミナルブロック)
一回路二接点 CB COM CK端子

■7セグLED
3桁の数値とコンマの位置を利用した単位を表現をする仕組みを有する。

■ランプ
赤LED 電源ランプ
青LED リレー動作ランプ

■キー
K1,K2,K3の3個

K1 プログラムモード指定用
K2 「終了」または設定項目切り替え用
K3 データインクリメント用

機能と状態


大きく動作の異なる6つの「プログラムモード」と各々のプログラムモード中で動作に変化を付ける「動作モード」がある。
最大2つの数値変数を指定出来る。

4つの状態「機能実行状態」「プログラムモード指定中状態」「動作モード指定中状態」「数値指定中状態」がある。

■「機能実行状態」は指定された機能を実行している状態で、トリガ前の待機状態も含まれる。
 電源ON直後は「機能実行状態」となる。
■「プログラムモード指定中状態」は7セグがPmn表示の状態でmは動作モード、nはプログラム番号を示す。
 ただし、mは定常状態では「-」表示でA,C,Eで表される動作モードの目視確認は出来ない。
 4つの何れの状態からでも、K1キーの長押しで「プログラムモード指定中状態」に遷移する。
■「動作モード指定中状態」は「プログラムモード指定中状態」で
  K3キーを押下した時、動作モードをインクリメントし、7セグに結果を表示する。
  K3キーを放した時、「プログラムモード指定中状態」に復帰する。
■「数値指定中状態」は7セグの変更(インクリメント)対象位置が点滅している時である。
 「機能実行状態」でK2キーを押下した時に遷移する。


プログラムモード指定


表示 P-1 ~ P-6

K1キー長押しでプログラムモード選択開始
K1キー押下でプログラムモード番号変更
K2キー押下でプログラムモード番号決定し、「機能実行状態」へ遷移する


動作モード指定


P-n表示中にK3キー押下で-部分がA,C,Eの表示になり動作モードを指定する。
K3キーを放すと「-」表示となり「プログラムモード指定中状態」に戻る。

以下、K3キー押下でAを表示し、キーを放した状態をAモードと表現する。C,Eも同様。


動作変数(タイマー値、カウンタ)指定


「機能実行状態」でK2キーを押下する事で「数値指定中状態」に遷移し、変更対象桁が点滅する。

■K2キーを押下する毎に次の桁に移動する。
 移動順は xnn→nxn→xxn→. となる。
 変数が2つ指定する必要がある場合には、次の変数の xnn に移動する。
 すべての変数が指定し終わると「機能実行状態」に遷移する。

■K3キーで対象桁のデータをインクリメントする。
 K3キー押下で対象桁を+1UP(-1機能はない)

■タイマー値の表現方法
 8.88 →8.88秒
 88.8 →88.8秒
 888  →888秒
 888. →888分
 8.8.8→888時間

■変数とプログラムモード
 プログラムモード毎に変数を保持している。

■略式記号
TU:inputの「立ち上がりエッジ」
TD:inputの「立ち下がりエッジ」
RON:リレー動作
ROFF:リレー復旧

P-1プログラムモードの動作(1ショットモード)


■変数
 タイマー1(リレー動作時間設定用の変数):リレー動作時間タイマー値 0.01秒~999時間
■初期状態
 トリガ待
■終了状態
 トリガ待
■トリガ
 スタート:TU
 途中  :TU


■■■ 動作モード A の時(PA1) (途中トリガ無視)■■■
■トリガ
 トリガ待ち状態→TU→RONしタイマー減算開始→タイムアウト→ROFFトリガ待ち状態
 サイクル動作中のトリガは無視


■■■ 動作モード C の時(PC1) (途中トリガで再スタート)■■■
■トリガ
 トリガ待ち状態→TU→RONしタイマー減算開始→タイムアウト→ROFF→トリガ待ち状態
 サイクル動作中→TU→タイマー値初期化し、減算再開(RONは保持されたまま)


■■■ 動作モード E の時(PE1) (途中トリガでタイマー中断と再開)■■■
■トリガ
 トリガ待ち状態→TU→RONしタイマー減算開始→タイムアウト→ROFF→トリガ待ち状態
 サイクル動作中→TU→ROFFしタイマー途中停止→TU→RONしタイマー減算再開


P-2プログラムモードの動作(スタート遅延付き1ショットモード)


■変数
 タイマー1(リレー動作遅延時間設定用の変数):リレー動作遅延時間タイマー値 0.01秒~999時間
 タイマー2(リレー動作時間設定用の変数):リレー動作時間タイマー値 0.01秒~999時間
■初期状態
 PA2,PC2:トリガ待
 PE2:即時起動
■終了状態
 PA2,PC2:トリガ待
 PE2:トリガ無効
■トリガ
 スタート:TU
 途中  :TU


■■■ 動作モード A の時(PA2) (途中トリガ無視)■■■
■トリガ
 トリガ待ち状態→TU→タイマー1減算開始→タイムアウト→RONし、タイマー2減算開始→タイムアウト→ROFF→トリガ待ち状態
 サイクル動作中のトリガは無視


■■■ 動作モード C の時(PC2) (途中トリガで再スタート)■■■
■トリガ
 トリガ待ち状態→TU→タイマー1減算開始→タイムアウト→RONし、タイマー2減算開始→タイムアウト→ROFF→トリガ待ち状態
 サイクル動作中のTU→初期状態に戻り、自動的に再スタート


■■■ 動作モード E の時(PE2) (即時起動、1サイクル、途中トリガ無視)■■■
■トリガ
 電源投入→タイマー1減算開始→タイムアウト→RONし、タイマー2減算開始→タイムアウト→ROFF→トリガ無効
 サイクル動作中のトリガは無視される
 ※1サイクル終了後、トリガ待にならない。動作は電源投入後1回のみの動作となる。


P-3プログラムモードの動作(ON/OFFの交互動作の無限ループ)


■変数
 タイマー1(リレー動作/復旧時間設定用の変数):リレー動作/復旧時間タイマー値 0.01秒~999時間
 タイマー2(リレー動作/復旧時間設定用の変数):リレー動作/復旧時間タイマー値 0.01秒~999時間
■初期状態
 即時起動
■終了状態
 なし(無限ループ)
■トリガ
 スタート:無視
 途中  :TU


■■■ 動作モード A の時(PA3) (ON/OFFループ)(TUで強制タイムアウト)■■■
 電源投入→RONしタイマー1減算開始→タイムアウト→ROFFし、タイマー2減算開始→タイムアウト→最初から無限ループ
 途中TUで現在のタイマーを強制終了し、次のステップへ移る。


■■■ 動作モード C の時(PC3) (OFF/ONループ)(TUで強制タイムアウト)■■■
 電源投入→ROFFしタイマー1減算開始→タイムアウト→RONし、タイマー2減算開始→タイムアウト→最初から無限ループ
 途中TUで現在のタイマーを強制終了し、次のステップへ移る。


■■■ 動作モード E の時(PE3) (ON/ON→OFF/ONループ)(TUで強制タイムアウト)■■■
 1サイクル目 電源投入→RONしタイマー1減算開始→タイムアウト→RONし、タイマー2減算開始→タイムアウト→2サイクル目
 2サイクル目 ROFFしタイマー1減算開始→タイムアウト→RONし、タイマー2減算開始→タイムアウト→2サイクル目の無限ループ
 途中TUで現在のタイマーを強制終了し、次のステップへ移る。


P-4プログラムモードの動作(1ショットモード)


■変数
 タイマー1(リレー動作時間設定用の変数):リレー動作時間タイマー値 0.01秒~999時間
■初期状態
 トリガ待
■終了状態
 トリガ待
■トリガ
 スタートリレー動作 :TU
 スタートタイマー起動:TD
 途中 :TUでタイマー初期化
 途中 :TDでタイマー減算開始


■■■ 動作モード A の時(PA4)■■■
■トリガ
 トリガ待ち状態→TU→RON→TD→タイマー1減算開始→タイムアウト→ROFF→トリガ待ち状態
 サイクル動作中のTU→タイマー値初期化→RON→TD→タイマー1減算開始→タイムアウト→ROFF→トリガ待ち状態


■■■ 動作モード C の時(PC4)■■■
 Aと同じ


■■■ 動作モード E の時(PE4)■■■
 Aと同じ


P-5プログラムモードの動作(ON/OFFの2ステップ動作 イネーブル制御付き)


■変数
 タイマー1(リレー動作/復旧時間設定用の変数):リレー動作/復旧時間タイマー値 0.01秒~999時間
 タイマー2(リレー動作/復旧時間設定用の変数):リレー動作/復旧時間タイマー値 0.01秒~999時間
■初期状態
 トリガ待
■終了状態
 トリガ待
■トリガ
 スタート:TU
 途中  :TDでステップのタイマー初期化

■■■ 動作モード A の時(PA5)(ON→OFF)■■■
 電源投入→(初期1)
 (初期1)パターン1:RON、タイマー停止→TU→タイマー1スタート→TD→初期1へ
      パターン2:RON、タイマー停止→TU→タイムアウト→ROFF→初期2へ
 (初期2)パターン1:ROFF→TU→タイマー2スタート(ROFFのまま)→TD→初期2へ
      パターン2:ROFF→TU→タイマー2スタート(ROFFのまま)→タイムアウト→RON→初期1へ


■■■ 動作モード C の時(PC5)(OFF→ON)■■■
 電源投入→(初期1)
 (初期1)パターン1:ROFF、タイマー停止→TU→タイマー1スタート→TD→初期1へ
      パターン2:ROFF、タイマー停止→タイムアウト→RON→初期2へ
 (初期2)パターン1:RON→TU→タイマー2スタート(RONのまま)→TD→初期2へ
      パターン2:RON→TU→タイマー2スタート(RONのまま)→タイムアウト→ROFF→初期1へ


■■■ 動作モード E の時(PE5)(ON→OFF)■■■
 Aと同じ


P-6プログラムモードの動作(カウンタ+タイマー)


■変数
 カウンタ(トリガ数計数用):000-999
 タイマー(途中無トリガ時のリレー動作用):タイマ値 0.01秒~999時間※
  ※コンマによる単位制御は自身のコンマでなく、カウンタ値指定時のコンマである(おそらくバグ)
■初期状態
 トリガ待、リレー動作
■終了状態
 トリガ待
■トリガ
 スタート:TU
 途中  :TU


■■■ 動作モード A の時(PA6)(ON→OFF)■■■
 ■サイクル先頭
  RON→TU→ROFF、カウンタ減算、タイマースタート→カウンタ減算後へ
 ■カウンタ減算後
  Case1. タイムアウト→RON→カウンタ減算後へ
  Case2. TU→ROFF、カウンタ減算→カウンタ残あり→カウンタ減算後へ
  Case3. TU→ROFF、カウンタ減算→カウンタ0→固定タイマースタートへ
 ■固定タイマースタート
  Case1. 固定5秒タイマースタート、ROFF→タイムアウト→サイクル先頭へ
  Case2. 固定5秒タイマースタート、ROFF→TU→カウンタ初期値-1後、カウンタ減算後へ


■■■ 動作モード C の時(PC6)(OFF→ON)■■■
 ■サイクル先頭
  ROFF→TU→RON、カウンタ減算、タイマースタート→カウンタ減算後へ
 ■カウンタ減算後
  Case1. タイムアウト→ROFF→カウンタ減算後へ
  Case2. TU→RON、カウンタ減算→カウンタ残あり→カウンタ減算後へ
  Case3. TU→RON、カウンタ減算→カウンタ0→固定タイマースタートへ
 ■固定タイマースタート
  Case1. 固定5秒タイマースタート、RON→タイムアウト→サイクル先頭へ
  Case2. 固定5秒タイマースタート、RON→TU→カウンタ初期値-1後、カウンタ減算後へ


■■■ 動作モード E の時(PE6)(ONのまま変化なし)■■■
 ■サイクル先頭
  RON→TU→カウンタ減算、タイマースタート→カウンタ減算後へ
 ■カウンタ減算後
  Case1. タイムアウト→カウンタ減算後へ
  Case2. TU→カウンタ減算→カウンタ残あり→カウンタ減算後へ
  Case3. TU→カウンタ減算→カウンタ0→固定タイマースタートへ
 ■固定タイマースタート
  Case1. 固定5秒タイマースタート、タイムアウト→サイクル先頭へ
  Case2. 固定5秒タイマースタート、TU→カウンタ初期値-1後、カウンタ減算後へ


つぶやき


機能を調べる事自体は簡単ですが、纏めるのが超面倒くさい。
もっと解りやすくしたかったが、こんなのに手間をかけるのは馬鹿らしい。
こんなものでも数日かかった。自身のいやいやを叱咤激励するのにその殆どの時間を使って。

精度に関しては一度、一回だけですが測定してみました。 2019/11/28追記

監視カメラ モニター(【ノーブランド品】2系統の映像入力 12V車用 ミニオンダッシュ液晶モニター 4.3インチ バック切替可能)

アマゾンで買った「【ノーブランド品】2系統の映像入力 12V車用 ミニオンダッシュ液晶モニター 4.3インチ バック切替可能
を監視カメラ用として使用できました。

監視カメラ モニター(【ノーブランド品】2系統の映像入力 12V車用 ミニオンダッシュ液晶モニター 4.3インチ バック切替可能)写真の出典 : アマゾン



カメラからモニタまでは、玄関ホーン用の4芯ケーブルの二芯を使用しました。20~30m位あります。
こんなケーブルではダメだと思っていたのですが、十分な画像で表示出来ています。
しかも、カメラ付近で二分岐しています。


BUFFALO WHR-G301N ACアダプター故障

少し前からスマホやプリンタのWi-Fi接続が不安定でしたが、ついにスマホ側でSSIDも表示されなくなりました。
WHR-G301N本体をみると、電源LEDとDIAGLEDが高速で点滅しています。

リセットも効かない状態だったので捨てようと思ったのですが、念のためにACアダプターの電圧をオシロで観測すると以下のようでした。

BUFFALO WHR-G301N ACアダプター故障
4.02msの周期で2.7Vの鋸刃状のリップルあり。



ACアダプターを交換して回復しました。
捨てなくて良かった。


ついにディズニーもスパムの対象に

相当以前にとある所からメールアドレスが漏れたと思われ、毎日大量のスパムがやってきます。
サーバ側でブロックしていましたが、設定が追いつきません。

送信側も何とかクリックさせようとあの手この手です。
うかっとしていると、メールを開いてしまいそうです。

その一部を画像で、
ついにディズニーもスパムの対象に


少しおかしな日本語とTDRをよく知らないと思わせる内容です。
気をつけてください。

ある日の空

ある日の空
Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM 1/320秒 F8 ISO100 1EV 太陽光 40mm ピクチャースタイル:忠実設定 (RAW現像時そのまま) (画像クリックで1920x1280サイズ)

寝転がって空をぼんやり見つめましょう。地上で悩んでいるのが馬鹿らしくなりますよ。

ドア・とってとよんでいる

ドア・とってとよんでいる
Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM 1/40秒 F8 ISO125 40mm (画像クリックで1920x1080サイズ)



隠れアーティスト

隠れアーティスト
Canon EOS 6D EF40mm F2.8 STM 1/1600秒 F8 ISO100 40mm (画像クリックで1920x1080サイズ)


お知らせ
■注意:Google Chrome以外のブラウザでは動作しない事もあります。
お好みに応じて
画像だけの表示でいいよ
やっぱり全部表示して
背景は黒がいいな
背景を元に戻して
サブジャンル
メモリアルマップ
My Favorite Photo
検索フォーム
プロフィール

otsu.usiwakamaru

Author:otsu.usiwakamaru
五条の橋でひらりひらりと欄干を飛び渡る牛若丸のように、興の向くまま電子回路にプログラミングに写真にと飛び回っています。

プロフィール詳細

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
キーワード
クリックしたキーワードの記事のみ表示します。

ダンサー ミニー ミッキー デイジー ドナルド グーフィー キャラクター  3D 試み MFP 電池 ティンカーベル デザイン 全天球 クラリス パークテーマ プルート チップデール キャスト IXY マレフィセント スクルージ スモールプラネット ダッフィー SPOT 改造 

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめプログ(新着記事)
リンク


にほんブログ村
カテゴリ
橋 (1)
PIC (3)
カウンタ
訪問者数(UU)

アクセス数

現在の閲覧者数

tael no013用