F24互換電池の放電容量(T-01D用電池)

スマートフォン T-01D 用の互換電池の放電容量のテストをしてみました。

お断り


ただし、テストの方法は商品に記載される容量を測定する方法とは異なっています。
私、独自の方法ですので、商品表示の容量とは異なると思います。

また、実際にスマートフォンで使用する場合は、今回の様な定負荷ではなくダイナミックに変動する為、
現実での放電容量は今回の測定値とは異なるでしょう。
具体例としては、今回測定時の電流より大きな電流が流れ、端子電圧が低下します。
その為、容量的にはまた残量がある場合でも強制的な電源断が発生するなどです。

動機



私のスマホT-01Dは電池の電圧が3.5V辺りになると、自動的に電源が切れます。「グジュ」という音とともに。
にもかかわらず、3.8V程度あるのに、急に電源が落ちたりする場合があります。以下のスクリーンショットのように。
中央付近の深いディップがそれです。

F24互換電池の放電容量(T-01D用電池)

二年以上使用した電池なので、放電能力が低下して内部抵抗が増大しているのかと思い、
新品でもこの様な現象が起きるのか試してみたくなり、
純正は高いので互換電池で試してみる事にしました。

結果的には、このディップは相変わらず発生します。
そして、二年使用した純正の電池も、新たに購入した互換電池も同じ程度の「持ち」でした。
しかし、予備が出来たのでTDRで一日充電環境の無い所で使用しても安心感があります。
以前作成したエネループの充電器より軽いので運用面も改善されました。

今回は、その話ではなく、以前からPICで作成したかった電池の放電特性を測定する機能を、
テスタとPCで実現しましたので、互換電池の放電容量を測定しまた。

結果


F24互換電池の放電容量(T-01D用電池)

放電終止電圧を3.2Vとした時のグラフです。
3.2Vで約1040mAh、
3.5Vで放電終止とした場合は、920mAh。

放電の条件は、29.4オームの抵抗を負荷としています。

測定方法



■負荷
29.4オーム

■電池
購入後、4回フル充電、スマホでの自動電源断を繰り返す。
その後、6回程度、フル充電、自動電源断を普段使いで使用。
テスト前に、フル充電。

■測定
(1)10秒間隔で、テスタ(Metex M-3850D)で電圧を測定
(2)第一回目の測定は、無負荷状態の電池端子電圧
(3)二回目以降、29.4オームの負荷を掛ける
(4)端子電圧が3.2V以下になった所で、負荷を開放(電池保護の為)し測定を終了

■機材
(1)テスタ
Metex M-3850D

(2)負荷抵抗の接続制御
IP Power9212Delux(8chIN、8chOUT) (秋月電子で購入) (以降、IP Power)

(3)PC
DELL Inspiron-1526

(4)ソフト
自作
※機能
1. IP Powerで抵抗負荷の接続、開放を制御
2. Metex M-3850Dの電圧測定値をUSBシリアル変換ケーブルにて232cでデータ受信
3. 指定間隔でデータを測定し、txtファイルに記録
4. 測定開始時と終了時にメールで通知(時間が掛かるので測定者に自動連絡の為)
5. 測定電圧が指定された電圧(今回は3.2V)以下になると自動的に負荷を開放し、測定を終了する

(5)結果
エクセルでグラフ化

(6)測定風景
F24互換電池の放電容量(T-01D用電池)

感想


■互換電池
実使用では、二年以上使用した純正電池も新規購入の互換電池もあまり変わらなかった。
純正新品ならもっと長持ちするのか否か、疑念が残ったままとなった。でも、高価なのできっと買わない。

放電容量としては、値段(@980程度)からして妥当な線と思う。

■更なる改善
共立電子で4000~5000円程度で6000mAhの電池パックを売っている。
2000mAhのセルを3個並列接続したものです。
これなら、消費電力の大きい時でも、電圧降下が少ないかもしれない。
それであれば、放電容量一杯まで使いきれるかも知れない。
最大6日位電池が持つかも知れません。不恰好になるけれど。
しかも、純正品とほぼ同じ値段。

■ソフト
PICで作ろうと思っていた測定器を、腰が重たすぎて手持ちの機器で作成してしまった。
まぁ、よしとします。

一番の難題は、電池接続の為の接点作りでした。
結局、ピアノ線をユニバーサル基板にハンダ付けして作成しました。

今後


純正バッテリーの方も測定してみる積りです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
■注意:Google Chrome以外のブラウザでは動作しない事もあります。
お好みに応じて
画像だけの表示でいいよ
やっぱり全部表示して
背景は黒がいいな
背景を元に戻して
サブジャンル
メモリアルマップ
My Favorite Photo
検索フォーム
プロフィール

otsu.usiwakamaru

Author:otsu.usiwakamaru
五条の橋でひらりひらりと欄干を飛び渡る牛若丸のように、興の向くまま電子回路にプログラミングに写真にと飛び回っています。

プロフィール詳細

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
キーワード
クリックしたキーワードの記事のみ表示します。

電池 試み IXY デザイン  改造 3D ミッキー 

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おすすめプログ(新着記事)
リンク


にほんブログ村
カテゴリ
ART (1)
橋 (0)
PIC (2)
カウンタ
訪問者数(UU)

アクセス数

現在の閲覧者数

tael no013用